粉ふきじいさん朝の髭剃り

うちの主人は髭が濃く、朝の髭剃りの時間は20分くらいかかります。
毎日のことなので一度髭の脱毛も考えましたが、経験者の友人が顔の場所によってけっこう痛いよと言っているのを聞き、痛みに弱い主人はあきらめていました。
夏のうちはいいのですが、冬になると乾燥して髭の生えたゾーンが白く粉をふくのです。
何もケアをしないと、顔の下半分のせいで不健康に見えます。
家では粉ふきじいさん、または粉ふきじじいと呼んでいます。
なので、男性ですが冬の間は保湿が欠かせません。
私も乾燥肌で保湿には気を使っていますが、やっぱり私の化粧品を一緒に使うには抵抗があり(もったいなくて)、最初のうちは寝る前にハンドクリームを塗っもらいました。
なかなか良かったのですが、やっぱり髭剃りのあとは粉をふいているので他のものに変えてみました。
剃った後にも塗ってくれればいいのですが、朝の忙しい時間自分のことで精いっぱいの私も忘れてしまい、本人もそこまで手がつかずに出て行ってしまいます。
なので、寝る前に塗るものをいろいろ変えてみました。
次は私の馬油を試してみました。私はこれを乾燥する冬の間、ひざやすねに塗ったりしていました。これは主人もさらりとして塗り心地がいいと言い、しばらく続けましたがはっきりと効果がわかりません。翌朝髭剃りのあとは粉ふきじじいになってしまいます。
その後、私の乳液を使ってみた時期もありますが、やっぱりもったいなくて、ごめんなさい止めてしまいました。
次は義母からもらったオリーブオイルです。主人はこちらの方が合っていました。馬油よりとろみがあって塗ったときはベタベタしますが、肌に残って翌朝髭を剃っても粉がふきにくかったのです。これでしばらくがんばりましたが、そのオリーブオイルが終わってしまい自分で買おうと思うとびっくり!けっこういい値段でした。国産オリーブオイルって高級なのですね。お義母さん、いいものをくださってありがとうございます。
ちょうどその頃冬も終わりに近づいてきましたので、残りの乾燥シーズンは最初のハンドクリームに戻りました。